売却不動産大募集しています!

 

 

おはようございます。

マイダスの北垣(きたがき)です。

 

9月も引き続き!!

安心のお・も・て・な・し

無料査定・無料相談キャンペーン中です( ^ω^)

 

不動産買取専門店だからこそ出来る!

圧倒的なスピードと信頼力・・・買い取りに自信があります(^^♪

 

豊富な買い取り実績で安心取引!

『不動産買取王』のプロにお任せ下さい。

 

 

本日は・・・

賃借人がアパートの
2階から転落した場合の責任 について解説していきます。

『2階建ての賃貸アパートを経営しています。この度、賃借人が2階の窓から物干し竿に洗濯物を干そうとして身体を乗り出した時に落下したのだから、アパートの窓に瑕疵がある、オ-ナ-に責任があるとして、私に落下事故による損害の賠償を求めています。

しかし、2階の窓は手すりこそありませんが、窓枠下部は床面から約73㎝の位置にあるので、普通の注意を払っていれば落下することはないはずです。瑕疵の問題ではなく、本人の不注意ではないかと思いますが、このような場合にも私損害賠償責任があるのでしょうか?』

答え・・・

賃借人が賃貸建物から落下する等の事故が発生した場合には、当該アパートに入居者が落下する可能性のあ
る暇疵(欠陥)があったか否かによることになります。

暇疵の有無は、賃借人が落下するおそれのある危険な設備
があったか、落下の危険性を防止する施設が具備されていたか否かで判断されることになります。

窓枠下部が床面から
約73cmの位置にあるとすると、窓の腰高自体は通常のものと考えられますので、腰高自体を暇疵とみなす
ことはできないと思われます。

しかし、裁判例の中には、その窓の外にある物干し竿の位置等から、入居者が洗濯物を干すには窓から相当程
度、体を伸ばさないと洗濯物を干せない状況である等の事情のある場合には、落下の危険がないとはいえないの
で、暇疵があると認め、賃借人側にも過失があったとして90%の過失相殺をしたうえで、賃借人の請求を一部認
容した事例もあります。

暇疵の判断には、窓自体の安全性だけでなく、窓がどのように使用されてぃたかも併せて
考慮すべきとしていることに留意する必要があります。

1,賃貸アパートで発生した
  事故と賃貸人の責任

アパートで事故が発生した場合に
は、当該アパートに事故を惹起する
ような暇疵(欠陥)があったか否かに
より、オーナーに損害賠償責任があ
るか否かが決まります。

民法717条
(土地の工作物責任)は、「土地の工
作物の設置又は保存に暇疵があることによって

他人に損害を生じたと
きは、その工作物の占有者は、被害
者に対してその損害を賠償する責任
を負う。

ただし、占有者が損害の発生を
防止するのに必要な注意をした
ときは、所有者がその損害を賠償し
なければならない」と定めています。
土地の工作物とは、土地に固着させ
た物ですから、建物やブロック塀が
これに該当します。占有者に過失が

なければ所有者が賠償責任を負う
と規定されていますが、所有者に過
失がなかった場合の規定がありませ
ん。民法717条は、暇疵のある土地
の工作物の所有者の無過失責任を
定めたものです。

 

 

毎日たくさんのお問い合わせをありがとうございます

本日もマイダスのスタッフは査定・物件のご案内に向かっております

 

先日大阪市住之江区のお客様より

中古テラスハウスの査定のご依頼を頂きました🏠

ありがとうございます!!

お住み替えを検討されており売却を希望されました

スピード買取りに自信があります💪

☀即日査定・即現金化☀

積極的に買取りを致しますので

他社では断られてしまった物件もご相談くださいませ

大阪市住之江区・此花区・港区周辺の

物件を大募集しております!お気軽にお問合せくださいませ!

 

 

急な転勤・移動で早急に自宅の売却をしたい

結婚・出産で今の間取りでは手狭になる

所有しているマンション・アパートの空室が目立ってきているなど

あなたのお悩みを全力でサポート致します

SNSで最新情報をお届けします

皆様からのいいね!お待ちしております 

友だち追加

ライン@はじめました!

お友達登録お待ちしております

 

 担当 北垣(きたがき)

 

14

http://古アパート文化住宅買取り大阪奈良.com/

古アパート買取専門店

 

記事一覧を見る

ACCESSアクセス