相続したアパートマンション買取りします!!

 

 

今回は雨漏りの責任について

アパートやマンション・店舗などの賃貸契約での物件で雨漏り・水漏れが起きた場合、その建物の修繕費用などは誰が責任を取らなければならないのだろうか。

この疑問について賃貸借の民法を確認していく事が大切だ。

では、下記にて具体的に解説していきます。

 

〇賃貸の雨漏りは大家の責任!瑕疵担保責任・民法から見る損害賠償

賃貸のアパートやマンション、店舗で雨漏りが起きた場合、基本的に大家が責任を取ることになる。

それはなぜかということをご紹介します。

上記の条文により、大家と借主との間で賃貸契約がされると、その物件に必要な修繕は大家が行う義務となっている。

大家は建物を管理する義務があり、雨漏りなど建物の瑕疵がある場合は修繕を

行い維持し管理をしていかなければならない。

これができていないと瑕疵担保責任が守られていないという事になる。

賃貸契約の際に「屋根や天井の修理は借主が負担とする」といった特約が含まれている場合、そこで雨漏りが起こった時の負担は必ずしも借主となるわけではない。

本来屋根や天井は雨が建物の中に入らないように作るため、そこで雨漏りが起きるという事は建物の機能が欠けているという事になる。

この場合の特約は無効となる可能性が高いだろう。

また、民法606条第1項の「ただし書き」があるように、もし借主側に原因がある場合は貸主(大家、管理会社)には修繕の義務がないという事になるので気を付けていただきたい。

雨漏りが起きて修繕が必要な旨を大家に伝えても応じてくれない場合は、

下記の法律が当てはまる。

これは、大家が雨漏りが発生している事を知っていながらも何も対策をしなかった場合やその旨を伝えても修繕に応じてくれない場合、急迫の事情がある時は貸主側が修繕をしていいという事になっている。

だが、修繕にかかる費用がいくらまで妥当なのか、相当の期間内とはどの程度なのか明確にされていない。

この法律について大家は知らない可能性もあるので、感情的にならず内容を伝え冷静に交渉していく事が大切だろう。

 

アパート・マンション・店舗の水漏れの責任はだれ?

水漏れもアパートやマンション、店舗などの賃貸で多いトラブルだ。

水漏れは建物の設置されている給水配管、給湯配管、排水配管などの劣化や損傷、施工不良など様々な原因で起こる。

マンションなど集合住宅で水漏れが発生すると下の階の住人などに被害を与えてしまう。

この場合の責任は住居人側にあるのか、それとも貸主(大家、管理会社)側

にあるのかが問題となってくる。

水漏れが起きる状況では

・建物の経年劣化

・貸主の過失

・居住人の過失

などの原因が考えられる。

「建物の経年劣化」と「貸主の過失」が原因で水漏れが起きた場合、これは責任が貸主側にある・

上記でお伝えしたように給水配管・給湯配管・排水配管などの配管類から水漏れが起きる可能性が高く、これら配管の経年劣化による水漏れは貸主側に責任が生じてくる。

ただし、賃貸契約の内容によって変わる可能性もあるので、契約内容の確認は必要だ!!

「住居人の過失」が原因して水漏れが起きた場合、これは残念ながら住居人側に責任が生じてしまうだろう。

住居人の過失で水漏れが起きるのは下記のようなものが考えられる。

・蛇口の締め忘れ

・水道器具など無理な使い方をして破損させる

・洗濯機ホースが外れる。

特に洗濯機は一度動かしてしまうと放置してしまうため、ホースが外れても気づかないことが多い。

ホースが外れていると排水した時に大量の水が床に流れて下の階にまで被害が出てしまう恐れがある。このような事がないように洗濯機の下に防水パン、防水パンの設置やホースが外れない状態をこのような事がないように洗濯機の下に防水パの設置やホースが外れないよ対策をしておくことが大切だ。

 

★マイダスでは積極的に買取りさせていただきます★

近畿圏内幅広く買取致します!!

 

 

【販売力】・【提案力】・【サポート力】

 で様々なお悩みにお答えします。

 

 

 

 

担当者 堅本(かたもと)

記事一覧を見る

ACCESSアクセス